eo光ネットを体験する

eo光ネットを体験する

諸事情により、私のネット環境が変わりました。従来はフレッツ光プレミアムマンションタイプ、そしてこれからはeo光ホームタイプ200メガコースです。

スペック的に後者が速いのは当然なのですが、実測値を比較してみます。

フレッツマンション:

(上り)27Mbpsくらいかな (下り)忘れたけど半分くらいか?@RBBスピードテスト

eo光200M:

(上り)30Mbps強/下り)15Mbps弱@RBBスピードテスト

上下70Mbps弱@eo光スピードテスト

eo光のスピードテストは、途中の経路に左右されない素の実力だそうです。フレッツのときはNTTのV6網で直接計測しても、70Mbpsはとても出なかったと思うので、その意味では随分速くなりました。体感的にも以前の6割くらいのアクセス時間だと思います。

しかしながら、RBBでの結果が殆ど変わらないのが腑に落ちません。東京のサーバから計測しているので、関西からでは不利だと思いますが、それでも同じ兵庫からeo光で遥かに高速を出している人がいます。

MTU/RWINの設定

eoのサイトには親切にも速度改善方法が色々と載っています。そのなかでMTU/RWIN(パケットサイズなど)の設定変更を試してみることにしました。

eoのサイトではNetTuneというフリーソフトをやり方が紹介されていましたので、それに従いました。すると結果は・・・

eo光スピードテストでは(上り)76Mbps(下り)88Mbpsとかなり改善しました。

そして、RBBスピードテストではなんと、(上り)71Mbps(下り)50Mbps という上りと下りの逆転現象が起きてしまいました。何でやねん?

どっちにしろMTU/RWINの設定でかなり改善しましたね。実は、大分以前に同じ方法を試した記憶があるのですが、効果は殆ど気休め程度でした。それは多分、回線スピードがあまり速くなかったからであって、回線が高速になればなるほど効果が大きいのかもしれません。

Share me!Share on Google+Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です