WordPressをカスタマイズする(その1)

WordPressをカスタマイズする(その1)

先述のように、WPのデザインは「テーマ」と呼ばれる「HTMLテンプレート群+CSS」によって決定されます。

「テーマ」は様々なものがネットで配布されているので、それを選ぶのも楽しいのですが、やはりWEBデザイナーならば自分で一からデザインしたいものです。

デフォルトテーマを解析する

ここでは一番シンプルな「classic」を例に解説します。中身は次のようなファイル構成になっているはずです。

  • index.php (トップページのテンプレート)
  • header.php (ヘッダー部分のテンプレート)
  • footer.php (フッター部分のテンプレート)
  • sidebar.php (サイドバー部分のテンプレート)
  • comment.php (コメント一覧?のテンプレート)
  • comment-popup.php (コメントをポップアップしたときのテンプレート)
  • style.css (本テーマのスタイルシート)
  • screenshot.png (管理画面でテーマを選ぶときのスクリーンショットの画像)

先ずindexのコードを見ると、直接記述されているテンプレートはコンテンツ部分だけで、header、footer、sidebarなどのパーツは別ファイルを読み込んでいます。

commentとcomment-popupはindexには内包されておらず、「コメント一覧」をクリックしたときだけに表示されるテンプレートです。

indexにパーツを読み込む形にするのは、コードを見やすくするためだと思いますが、私の場合は1ファイル中に全部記述してくれた方がわかりやすいですね。少なくともパーツはまとめてフォルダに入れるとかしてくれないと、他の独立テンプレートとの区別が付かなくなります。特に、このテーマはまだシンプルな方ですが、ファイルの数が断然多い他のテーマでは、ぱっと見何が何だか判りません。

と言うわけで、次回はこのテーマを編集して究極的にシンプルなテーマを作成していきたいと思います。

Share me!Share on Google+Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です